森林政策に関する考察と雑記

森林政策に関する考察と雑記

年間620億円の「森林環境税」 木材増産に重きを置きすぎでは??

2024年度から、納税者1人当たり1千円を上乗せして徴収する新税「森林環境税」が始まる。この税金を利用して集約化された森林は、都道府県が選定した「意欲と能力のある林業経営体」が整備を行うことになるが、その選定基準の第一に掲げられているのが「生産量の増加又は生産性の向上」。しかし、樹木をたくさん切り出すことが森林環境を守る上で第一に考えることなのか、疑問に思う。
森林政策に関する考察と雑記

年間620億円の「森林環境税」=衆議院選挙1回分の費用!?

森林整備などに充てられる新税「森林環境税」は、2024年から徴収が始まる。総額はおよそ620億円。この規模は、衆議院選挙一回分の予算に匹敵するようだ。そう考えるとなかなかの規模感だと思う。
森林政策に関する考察と雑記

毎年1000円徴収される「森林環境税」

2024年度から納税者1人当たり1千円を上乗せして徴収する新税「森林環境税」が始まることをどれだけの人が知っているでしょう?
森林政策に関する考察と雑記

森林経営管理法における「民有林」についての雑記

2019年4月に施行された「森林経営管理法」では,適切に管理されていない「民有林」について市町村がその所有者から集約化した上で、民間の「意欲と能力のある林業経営者」に管理を委託できると規定している。 ここで引っかかったのが、「民有林」...
森林政策に関する考察と雑記

岐阜県7個分に植林!?

昔の日本人は、岐阜県7個分の広さにスギとヒノキを植えたという計算に…
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました