新規投稿

新規投稿

頼るべきは法務局ではなかった…。山主さん探しには「林地台帳」が絶必!?/自伐型林業挑戦ブログ

森林所有者を探し出すため、法務局に手数料450円を払い続けていたヤマモリ。ある日知人の公務員F田さんに「林地台帳」の存在を教えてもらい、その使い方を学んだ。そして、事態は好転するのだった。
新規投稿

自伐型林業挑戦ブログ/山間部に移住したヤマモリは地元民に「ワシの山を切ってよいぞ」と言われたのだが…

山間部に移住して自伐型林業に挑戦中のヤマモリは、森林所有者の探索という大きな壁にぶち当たった。 法務局で山林の登記情報を調べるといちいち450円の手数料を取られ、得られた情報は明治時代のものだった…
新規投稿

「FSC・SGEC・PEFC」そして「FM・CoC」/林業界における横文字を解説

新国立競技場の建設で国産材がふんだんに使われ注目を集めた。今後、森林環境税の導入で国産材の利用が促進されるとみられる。その上でも「FSC・SGEC・PEFC」といった森林認証制度を知っておいても損はなさそうだ。
スポンサーリンク
新規投稿

森林環境税の活用で「木製サッシ」の利用拡大はあるのか?国会でも議論

金属製サッシよりも優れているとされる木製サッシ。国会でもその利用拡大の可能性が議論されている。近い将来、日本の住宅の窓枠が木のぬくもりに包まれる日は来るのか?来ないのか??
新規投稿

伊方原発は止まるの?止まらないの?

2020年1月に広島高裁が伊方原発3号機の運転差し止めの決定を出した。この決定は「仮処分」の手続きによるもので、広島高裁は2017年12月にも同様の決定をしている。 原発裁判には「仮処分」と「本訴」の二つの手続きがあり、その違いを見分ける必要がある。
新規投稿

高知と岐阜。森林率全国1位・2位の「林業大学校」を比較

高知県立林業大学校と岐阜県立森林文化アカデミーを比較。軍配は歴史が長い森林文化アカデミーに?
新規投稿

木は太すぎると安くなる??その仕組みを解説

「木は太すぎると安くなる」という不思議。立米単価だけでなく、1本当たりの値段も念頭に置かなければならない。
新規投稿

企業がSDGsに取り組むなら小規模林業を支援したら?

SDGsが掲げる17のゴールのうち、6、12、15の目標に注目すると小規模林業(自伐あるいは自伐型林業)の理念に共通する点が多いことが分かる。 SDGsに取り組む企業なら小規模林業の支援をしたらいいのではないか、という提案。
新規投稿

イバラの道とは言うけれど…

皆伐地に足を踏み入れると、早速イバラに襲われた…。皆伐施業を否定したアルフレート・メーラーが生きていたら、今の日本の森林政策をどう評価するだろうか...。
新規投稿

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見て思ったこと

2019年10月22日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で紹介されていた樋口宏江さんの取り組みを見て、林業界にもこんな人が増えたらな~と考えてしまった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました