スポンサーリンク
林業に関すること

【提案】「森林環境譲与税」をキコリに【斜面危険労働手当】として支給できないか?

森林整備や林業の担い手育成などに使える「森林環境譲与税」。2019年度から全国の自治体に配分が始まったこの税金は現在、森林の所有者探しや境界画定作業などに使われている。だが、その〝効用〟は見えづらいのではないだろうか?そこで今回提案するのが、この税の一部を林業従事者に「斜面危険労働手当」(仮称)として支給することができないか、というもの。
番外編

田舎暮らしするなら備えておきたい【害虫対策】グッズを紹介

田舎暮らしを始めてようやく1年が過ぎようとしている。夏シーズンに遭遇したムカデの数は20匹近くなるだろうか。幸運にも、一度も咬まれずに切り抜けることができた。家の外壁にはアシナガバチに巣を作られかけたが、これも何とか駆除できた。今回は筆者の経験を踏まえ、害虫から身を守る対策グッズを紹介する。
コラム

三浦瑠麗さんが指摘する「血のコスト」。林業界に置き換えて考えてみた

三浦瑠麗さんが【21世紀の戦争と平和】で主張しようとしたことは、国民が戦地で流れる【血のコスト】を意識することで逆に戦争を遠ざけるというものだったように思う。現在、林業界の端くれに身を置きながら取材している私は「兵士」を「林業従事者」に置き換えて考えた。日本では、自衛官よりも林業従事者の方が多く亡くなっているからだ。
スポンサーリンク
番外編

インスタント味噌汁にちょい足しするなら… 独身男のオススメ具材

自炊をする人の中には時短のために味噌汁をインスタントに頼る人も多いのでは?でも、インスタントだと具材の物足りなさを感じてしまう。そこで、ちょい足しすることで手軽に栄養も摂れる2つのオススメ具材を紹介。
林業に関すること

木材自給率50%を達成するとこの国は豊かになるのか?

日本の木材自給率は増加傾向にある一方、山にある木を全て切り取る「皆伐」後の再造林が進んでいない状況は毎日新聞で報道された。国は2025年までに木材自給率を5割程度まで引き上げる方針というが、木材が増産されても山村の人口は減り続け、残されたのは「はげ山」だったなんてことになれば本末転倒と言わざるを得ない。
コラム

農民と漁民にあって、キコリにないもの…

農業、漁業、林業。どれも日本人の食や国土の保全などを考える上で欠かせない仕事で、その担い手もまた尊い。しかし一つ気がかりなのが農業や漁業に関する法律では従事者の【経済的社会的地位の向上】を図ることが目的とされているのに、林業にはその文言が見当たらない。正確に言うと、2001年まではそのような文言はあったのに、法改正でなくなってしまったようだ。
挑戦記

自伐型林業に参入して半年。身につけた「6つの技術」と、これからの課題

副業的な「自伐型林業」の可能性を探るため、全くの異業種から参入して半年が過ぎた。これまでに身につけた主な技術は、①目立て②玉切り③造材④ロープで牽引して木を倒す⑤追いづる切り⑥林内作業車による集材。バックホーによる作業道づくりはまだできないし、覚えることは山ほどあるけど、希望を持って進んでいこう。
コラム

「ヒロシ、山を買う!」の記事を読んで思うこと

先日、「ヒロシ、山を買う!」というネット記事を見かけた。 内容は、芸人のヒロシがソロキャンプを楽しむために山林を購入するに至った経緯を語るというもの。 この記事を読んで、ドイツなどで認められている「市民が森を自由に歩き回る権利」について考えてしまった。
番外編

ブヨに刺されて症状が悪化したら…。薬代はケチらない方がいい。かゆみとただれが長引くから。

恥ずかしながら、山仕事をする上で虫刺されをなめていた。山で作業してれば虫に刺されるなんてことは想定内だけども、ブヨというヤツの攻撃力の高さには参った。患部の皮膚はただれ、ボコボコに。ブヨに刺されたらステロイドという成分が多い塗り薬が効くみたい。筆者が使用した3種類の塗り薬を比較して紹介する。
コラム

コロナ禍だからこそ参考にしたい「21世紀の国土のグランドデザイン」。東京一極集中は是正できるか?

1998年に閣議決定された「21世紀の国土のグランドデザイン」。この計画では、東京一極集中の人口偏在について当時から「国土構造上の問題である」と是正を求めている。2020年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、東京を中心に都市部で「密」を避けることが難しい状況が続いている今、これからの国土利用を考える上でもこの「グランドデザイン」は参考になりそう
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました