「森林組合」の役割って何?

新規投稿
OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像
新規投稿 森林政策に関する考察と雑記 情報
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

森林組合の存在や仕事内容は、都市部で暮らしている人ほど目につかないのではないか?

10年前に地方に移住した筆者も彼らがどのような仕事をしているのかよく分からないでいた。
最近は森林組合で働く人の話を聞く機会があり、なんとなく彼らの存在を認識できるようになってきたので、森林組合を司る「森林組合法」と彼らの〝絶滅危惧感〟を紹介する。

「目的」は素晴らしい森林組合法

OpenClipart-VectorsによるPixabayからの画像

森林組合の仕事をざっくり言うと「山の管理ができない森林所有者に代わって木の伐採や造林を行う代行業」といった具合だろうか。

1978年に制定された森林組合法には、森林組合の目的について「森林所有者の経済的社会的地位の向上並びに森林の保続培養及び森林生産力の増進を図り、もつて国民経済の発展に資すること」と書いている。
この条文を読む限りでは森林組合はとても社会的に存在意義のある組織だと思える。

ドSなフレーズ

一方でこんなフレーズも。
「行う事業によってその組合員又は会員のために直接の奉仕をすることを旨とすべきであって、営利を目的としてその事業を行ってはならない

何!?「営利を目的に事業を行ってはならない」!?森林所有者に代わって過酷な山仕事をさせながらも職員は稼いではいけないということなのか??
というのも、森林組合法が成立したのは今よりも木材価格が高かった時代。このフレーズはその名残なのかもしれない。

組合ナンバー2の月収が20万円程度…

先日、ある森林組合の参事を務める男性の話を聞いた。参事とは組合ナンバー2のポストを指す。それなのに彼の月収はなんと22万か23万円というのだ。この男性は仕事にやりがいを感じ、田舎であればこれくらいの手取りで暮らしていけると話していたが、こんな奇特な人は稀ではないか??

ただでさえ林業従事者は少なく、人手不足が続いている状況でこのような現実を見せられたら若者はこの職業を選択するだろうか。森林組合法のドS過ぎるフレーズは、現代社会にどれほど適合しているか疑問に感じる。

法改正=改善とはならない?

ただ、この森林組合法は改正に向けた手続きが来年以降進められそうだ。その内容は日本農業新聞でも取り上げられ、森林ジャーナリストの田中淳夫さんもブログで紹介していた。

改正の中身は、森林組合同士の連携強化や理事に経営部門のプロを据えるなどの案があるらしい。この法改正によって森林組合で働く人の労務環境が改善されればうれしいが、現実はそうも甘くはないだろう。

今の日本の森林政策は戦後に植林したスギやヒノキの「伐期」が来たとして山からどんどん木を切り出すように林業従事者に働きかけている。その代表例が森林経営管理法でもある。森林組合に対して効率化と木材増産を迫るだけであればこの仕事の魅力はますます薄れてしまう。

前述の森林組合参事は、経済成長至上主義の日本において絶滅危惧種のような存在に思える。どうか彼らのような人々が存続できるような法改正がなされるように願ってやまない。

    コメント

    1. 名無し より:

      森林組合法についてですが、ご存知の通り、森林組合は戦後GHQの勧告により協同組合的性格が取り入れられました。そのため、社会的経済的地位の向上といった目的や営利目的の防止や事業の制限などは全て協同組合原則によるものです。したがって、実態はともかく、本来的には協同組合なので、目指すべき方向はそちらです。しかし、ほかの協同組合(生協、農協、漁協など)とは成り立ちも扱う商材も違うのでなかなか他のそれらの組合と同じようにはいかないのが現実でしょうね…

      • yama-mori-journal より:

        ご意見、ありがとうございます!
        大変参考になりました。
        今後とも忌憚のないご意見よろしくお願いいたします!

    タイトルとURLをコピーしました