情報

挑戦記

神奈川県山北町の限界集落【共和地区】/〝自主財源〟でバス走らせ、山づくりに挑戦/若手移住者も後押し/「財産区」の将来像は?

神奈川県西部に位置する山北町。 人口は9,878人(2021年5月時点)で、町が発足した1955年(16,689人)と比べると約4割減少している。 なかでも少子高齢化が深刻なのが山間地域の共和地区。89世帯165人が暮らし、人口に占める...
情報

「IC周辺整備に若手職員の意見」/神奈川県山北町議会/2021年度6月定例会一般質問/答弁要旨

神奈川県山北町議会6月定例会は11日開会し、6人が一般質問に立った。 湯川裕司町長ら執行部の答弁要旨は以下の通り。 インターチェンジ周辺に若手職員の意見 2020年3月に仮称山北スマートインターチェンジ(IC)周辺土地利用構想を作成し...
林業に関すること

【もやい結び】林業だけじゃなく、いろんな場面で役立つ結び方

「林業」と聞いて思い浮かべるのはチェーンソーで木を切り倒す「木こり」のイメージを持つ人が多いかもしれない。 しかし、いざ山に入って木を切り倒そうとしてもチェーンソーだけでは無理なことがある。 例えば、傾いて生えている木にロープを結ん...
コラム

人口偏在と学校の減少。徳島県では過去10年で3割近くの小学校がなくなっていた

各都道府県の小学校が過去10年間(2009~2019年度)でどれだけ減ったかを調べたところ、最も減少率が高かったのは徳島で3割近い-29%だった。 このほか9道県でいずれも2割以上の小学校が減ったことが分かった。 一方、神奈川、愛知...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました