林業に関すること

スポンサーリンク
林業に関すること

木材自給率50%を達成するとこの国は豊かになるのか?

日本の木材自給率は増加傾向にある一方、山にある木を全て切り取る「皆伐」後の再造林が進んでいない状況は毎日新聞で報道された。国は2025年までに木材自給率を5割程度まで引き上げる方針というが、木材が増産されても山村の人口は減り続け、残されたのは「はげ山」だったなんてことになれば本末転倒と言わざるを得ない。
コラム

農民と漁民にあって、キコリにないもの…

農業、漁業、林業。どれも日本人の食や国土の保全などを考える上で欠かせない仕事で、その担い手もまた尊い。しかし一つ気がかりなのが農業や漁業に関する法律では従事者の【経済的社会的地位の向上】を図ることが目的とされているのに、林業にはその文言が見当たらない。正確に言うと、2001年まではそのような文言はあったのに、法改正でなくなってしまったようだ。
挑戦記

自伐型林業に参入して半年。身につけた「6つの技術」と、これからの課題

副業的な「自伐型林業」の可能性を探るため、全くの異業種から参入して半年が過ぎた。これまでに身につけた主な技術は、①目立て②玉切り③造材④ロープで牽引して木を倒す⑤追いづる切り⑥林内作業車による集材。バックホーによる作業道づくりはまだできないし、覚えることは山ほどあるけど、希望を持って進んでいこう。
スポンサーリンク
森林政策に関する考察と雑記

【森林環境税】恩恵を受けられるのはまだまだ先か…

2024年度から納税者1人当たり1000円を負担する「森林環境税」。税の徴収が始まるのはまだ先だけど、実は国が借金をする形で既にこの税金を森林環境譲与税として地方自治体に配分している。ちなみに、2019年度は200億円が配分された。この額が将来的に620億円に増額される。 しかし、この新税の存在を感じている国民あるいは林業関係者はどれだけいるだろう??
林業に関すること

【もやい結び】林業だけじゃなく、いろんな場面で役立つ結び方

「林業」と聞いて思い浮かべるのはチェーンソーで木を切り倒す「木こり」のイメージかもしれない。しかし、実際に木を切り倒そうとしてもチェーンソーだけでは無理なことがある。そんな時は木にロープをくくって引き倒すこともある。今回はロープワークのなかでもメジャーな「もやい結び」を紹介する。知っておけば日常生活や災害時に役立つかも。
林業に関すること

自伐型林業初心者は木材価格表を自作すべし!収益アップにつながるよ

「木を切る前に造材を考えろ」と師匠は言う。立っている木を見上げて曲がり具合や太さを確認し、伐倒後に何メートルごとに切り分けるかを考えろ、ということだ。自伐型林業は、山に生えている木の2割ほどしか切らないため、少ない木でどれだけ収益を上げられるかが重要になる。だから「太さ○センチ、長さ○メートルの木がいくらになるか」を瞬時に判断するための価格表が必要になる
林業に関すること

山の仕事を知るなら受講無料の「林業就業支援講習」がオススメ。注意点もあるけど

林業に関心がある人に参加をオススメしたいのが「林業就業支援講習会」。全国各地で開催され、受講料は無料!宿泊費(補助あり)と食費、交通費だけの負担で受講できる。筆者は20日間コースを受講してチェーンソーと刈払機、バックホーの資格を得ることができた。
林業に関すること

都市部の住民は木の重さを知らない?/チカラ自慢こそ林業を体験してみては

林業に携わる人以外で、木の重さを知っている人はあまり多くはないと思う。ましてや、山から離れた都市部で暮らす人々にとってはなおさらのことだろう。最近はSNS上で「筋トレが趣味」とか言う人をよく見かけるが、そういうチカラ自慢の人たちにこそ、重たい樹木と格闘する林業の世界に興味を持ってもらいたいものだ。
挑戦記

都市部出身者が山間部に移住して自伐型林業を学ぶワケ

就職を機にとある地方に移住した筆者。そこで小学校の閉校式に初めて立ち会うことになる。日本が抱える人口偏在の問題は、地方で暮らす子どもたちから母校を〝奪う〟現象でもあるようにも思えた。地方に広がる森林資源を生かして若者が働く場所をつくり得ればこれほど魅力的なことはない。林業初心者の私がぶち当たる壁とその解消法を綴ることで、「自伐型林業」の可能性を発信できたらと考えている。
林業に関すること

ドイツと日本 林業事情の違い

日本において林業を志す若者は少数派と言ってもいい。 しかしドイツでは「子どもたちがあこがれる職業」と評する識者もいる。両国の林業事情の違いをまとめてみた。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました