【ロープワーク ①もやい結び】林業だけじゃなく、いろんな場面で役立つ結び方

林業に関すること 情報
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

「林業」と聞いて思い浮かべるのはチェーンソーで木を切り倒す「木こり」のイメージを持つ人が多いかもしれない。

しかし、いざ山に入って木を切り倒そうとしてもチェーンソーだけでは無理なことがある。
例えば、傾いて生えている木にロープを結んで引っ張って重心を変えたり、そのロープを牽引具に結び付けたりと。

今回紹介するのは、ロープワークのなかでもメジャーな「もやい結び」。
これを知っておけば日常生活や災害時に役立つ場面があるかも。

手順

ロープの端を左手、長い方を右手で持った場合のもやい結び。

① 右手で持ったロープの本線側を下にして輪っかをつくる

② 左手で持った端側を、輪っかの奥側からロープの下をくぐらせて通す

③ さらに本線の下側をくぐらせてから、輪っかの上側からロープを通す

④ あとはロープの端と本線を引っ張ると…

もやい結びの完成!!

青いポールを木に見立てると…

こんな感じで結んで木を引っ張ることができる!

覚え方は「下」「下」「下」「上」

手順の①~③を振り返ると

① 右手で持ったロープの本線側をにして輪っかをつくる
② 左手で持った端側を、輪っかの奥側からロープのをくぐらせて通す
③ さらに本線の側をくぐらせてから、輪っかの側からロープを通す

頭の中で、「下」「下」「下」、「上」と数えると覚えやすいかも。

結び目の王

もやい結びは漢字で書くと「舫い結び」となり、英語では「ボーラインノット」となる。
そもそもは船を岸壁に係留する際に使われていた結び方で、その使い勝手のよさから「結び目の王」と呼ばれることもあるみたい。
知っておいて損はないロープワークと言えそうだ。

 

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました