ブヨに刺されて症状が悪化したら…。薬代はケチらない方がいい。かゆみとただれが長引くから。

番外編
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

恥ずかしながら、山仕事をする上で虫刺されをなめていました。

そりゃ、山に入って作業していれば虫に刺されるなんてことは想定内だけども、ブヨというヤツの攻撃力の高さには参りました。

ブヨ(Wikipediaより)

皮膚はただれ、ボコボコに…

当然、服装は長袖、長ズボン。
だけど手袋と上着の間にできた隙間をブヨに咬まれたんですね。

刺された当日は「かゆいな~」ぐらいに思っていたんですが、徐々にポツポツ赤くふくれだしたので近くの薬局で虫刺され薬の定番ムヒを買ってきて塗ってたんです。

 

それでも、かゆみは引くどころかどんどん増して…。

腫れが広がりこんな感じになりました。

写真では分かりづらいかもしれませんが、腕がボコボコに変形してくるわけです。

これはちょっとまずいなと思い、もう少し強力な薬はなかったかと薬箱を探すと、ムヒアルファが出てきたんです。

これを塗るとスースーして気持ちよく、膿のような体液も皮膚から排出されたんですが、またすぐにかゆみがぶり返してくるわけですよ。
かゆさで夜中に目がさめるくらいに。

用法・用量を守って

で、再び薬局に行って薬を探したところ、フルコートfという軟膏が目にとまったんですね。これ、10gで1500円くらいしてちょっと高いなと思ったんですが、量は少ないかもだけど5gの方を買ってみたんです。

これを塗ると、ムヒアルファのような清涼感はないんですが、長く患部にとどまってくれる感じがしてかゆみをぶり返すことが少なくなりました。

そして1週間後の写真がこれ。

まだアザのようなシミは残ってますが、無事にかゆみはなくなりました。

ググると、ブヨに刺されたらステロイドという成分が多い塗り薬が効くみたいですね。(ムヒアルファにも含有されているらしい)
ただし、医薬品ですので用法・用量を守って正しく使いましょう。

ということでこれからのシーズン、ブヨに刺されて症状が悪化してしまったという人は、少し値が張ったとしても高めの塗り薬を購入した方がいいかもしれません。

まぁ、とりあえずブヨに対して言いたいことは「お前が吸うくらいの血ならタダでやるから毒はくれなくていいよ」ということですかね。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました