林業に関すること

挑戦記

自伐型林業挑戦ブログ/山間部に移住したヤマモリは地元民に「ワシの山を切ってよいぞ」と言われたのだが…

今回のブログは、実体験をフィクション化。 主人公のヤマモリは、副業的な自伐型林業を志して山間部に移住し数ヶ月が過ぎた。 彼は今、森林所有者の探索という壁にぶち当たっている。 小規模零細な森林所有者という壁… 移住して数ヶ月が過ぎたヤ...
森林政策に関する雑記

「FSC・SGEC・PEFC」そして「FM・CoC」/林業界における横文字を解説

林業界における「FSC・SGEC・PEFC」そして「FM・CoC」をご存じの方はどれほどいるだろうか。全て答えられる人は恐らくそう多くはないだろう。 筆者もこの記事を作成するに当たって、なかなか苦労した。 知っておいても損はないと思うの...
森林政策に関する雑記

森林環境税の活用で「木製サッシ」の利用拡大はあるのか?国会でも議論

納税者1人1千円の負担となる「森林環境税」の使い道について個人的に興味を持っている。 国会でどのようなやり取りがなされているかを調べてみると、まず目に入ったのは「木製サッシの利用拡大」だった。 前向きな林野庁長官 「国会会議録検索シス...
スポンサーリンク
森林政策に関する雑記

高知と岐阜。森林率全国1位・2位の「林業大学校」を比較

日本では林業の担い手不足が課題となるなか、新規就業者を育成・確保するための「林業大学校」なるものの設立が進んでいる。 今回は、森林率84%で全国1位の高知県と、81%で2位の岐阜県にある「林業大学校」を比較しながら紹介する。 歴史が古い...
森林政策に関する雑記

木は太すぎると安くなる??その仕組みを解説

「木は太すぎると安くなる」と聞いて合点がいく人はどれだけいるだろうか?? その仕組みを解説する。 木が太いと安くなる不思議 左の一覧は木材の長さと太さごとの価格表。 ここで注意が必要なのは、この価格は木1本当たりのもので...
森林政策に関する雑記

皆伐地を歩いて思ったこと/「恒続林思想」を提唱したメーラーが生きていたら…

ある皆伐地を見学した際、早速イバラに襲われた。 イバラとは、トゲのある低木の総称である。 「イバラの道を行く」と聞けば、困難な道を突き進む勇敢さを感じなくもないが…。 イバラは私の上着の袖をザクリ。トゲを抜こうとすれば手袋の上から...
コラム

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」を見て思ったこと

2019年10月22日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ていて、林業界にもこんな人が増えたらな~と考えてしまった。 捨てられるはずだったみかんを一流料理に 取り上げられていたのは、志摩観光ホテル(三重県)の総料理...
森林政策に関する雑記

「森林組合」の役割って何?

森林組合の存在や仕事内容は、都市部で暮らしている人ほど目につかないのでは? 10年前に地方に移住した筆者も彼らがどのような仕事をしているのかよく分からないでいた。 最近は森林組合で働く人の話を聞く機会があり、彼らの存在を認識でき...
森林政策に関する雑記

【労働災害】自衛官よりも亡くなっている林業従事者…

林業は全産業のなかで労働災害発生率が高いのは有名な話だろう。 2018年は、労働者1000人当たりに発生した死傷者数は22.4人でトップ。全産業の平均が2.3人だからおよそ10倍で、2位の鉱業(10.7人)を大きく突き放している(林野...
森林政策に関する雑記

年間620億円の「森林環境税」 国の方針は木材増産に重きを置きすぎでは??

2024年度から、納税者1人当たり1千円を上乗せして徴収する新税「森林環境税」が始まることを知っている人はどれだけいるだろうか? 納税義務者は6200万人いるらしいので、毎年620億円の税金が集まる計算になる。 衆議院選挙1...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました