スポンサーリンク
挑戦記

装備品にかかった費用

林業に挑戦するために初期投資した費用は…
挑戦記

チェーンソーを使うには…

「伐木等の業務に係る特別教育(小径木)」という講習を受ければ、直径70センチ以下の木を伐採するために必要な知識を得ることができる。講習の費用は1万7千円。講習ではその名の通り、チェーンソーを使って木を切り倒すために必要な知識を得ることができる。安全に関する知識を学ぶ「学科」や実際にチェーンソーを動かす「実技」のほか、初心者にとっては理解が難しい「目立て」という作業も教えてもらった。
森林政策に関する考察と雑記

年間620億円の「森林環境税」=衆議院選挙1回分の費用!?

森林整備などに充てられる新税「森林環境税」は、2024年から徴収が始まる。総額はおよそ620億円。この規模は、衆議院選挙一回分の予算に匹敵するようだ。そう考えるとなかなかの規模感だと思う。
森林政策に関する考察と雑記

毎年1000円徴収される「森林環境税」

2024年度から納税者1人当たり1千円を上乗せして徴収する新税「森林環境税」が始まることをどれだけの人が知っているでしょう?
森林政策に関する考察と雑記

森林経営管理法における「民有林」についての雑記

2019年4月に施行された「森林経営管理法」では、適切に管理されていない「民有林」にを市町村が集約化した上で、「意欲と能力のある林業経営者」に管理を委託できると規定している。 ここで引っかかったのが、「民有林」の中には「公有林」と「私...
森林政策に関する考察と雑記

昔の日本人はスギとヒノキを岐阜県7個分に植林!?

昔の日本人は、岐阜県7個分の広さにスギとヒノキを植えたという計算に…
林業に関すること

スギとヒノキの見分け方

スギの樹皮は割ときめ細やかなのに対して、ヒノキは荒い。しかし、樹皮の「きめ細やかさ」の度合いは素人には分かりづらい…。
林業に関すること

日本は山、森の国

日本の国土は7割近くが森林ということになる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました